家庭教師を東海に派遣。成績中以下の方歓迎

私達は、成績『中』以下の生徒指導にこだわっています。その理由は・・・
教材販売・解約金・年会費は一切ございませんので、ご安心下さい。

例えば、勉強に無関心だった生徒さんが、努力すれば「出来るんだ」と自信を持ってくれること、勉強のやり方がわからずに悩んでいた生徒さんがコツをつかんで「勉強が楽しい」と言ってくれること・・・。

このような生徒さんや保護者の方にとっての大きな喜びこそが、私たちにとっても最高のやりがいだと感じるからです。これからも家庭教師のチューターズは成績「中」以下のお子様を応援し続けます。

派遣地域

名古屋市熱田区、名古屋市北区、名古屋市昭和区、名古屋市千種区、名古屋市天白区、名古屋市中区、名古屋市中川区、名古屋市中村区、名古屋市西区、名古屋区東区、名古屋市瑞穂区、名古屋市緑区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市名東区、名古屋市守山区、愛西市、あま市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市、蒲郡市、刈谷市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市、みよし市、弥富市、愛知郡東郷町、愛知郡長久手町、海部郡大治町、海部郡蟹江市、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根町、知多郡阿久比町、知多郡武豊町、知多東浦町、知多郡南知多町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、額田郡幸田町、幡豆郡一色町、幡豆郡吉良町

お電話でのお問い合わせは0120-77-5276(受付時間 午前9:30〜午後10:00)

受験情報

愛知県公立高等学校入学選抜の要点愛知県教育委員会HPより抜粋

実施学科等
全日制課程、定時制課程及び通信制課程
通学区域
全日制課程 → 本人及び保護者の住所の属する通学区域内
定時制課程及び通信制課程 → 県内全域
選抜方法等

全日制課程の入試(入試制度の概要)

ア 平成元年春から、推薦入学と、実施期日をずらしたA・B二つの学校グループによる入学検査を併用した制度によって入試を実施しています。
イ 普通科は、学区内のすべての高等学校を二つの群に分け、各群をさらにA・Bグループに分けます。
  また、平成19年度から、普通科における群及びグループ分けの中に、第1群、第2群の双方に属する1・2群共通校を設置しています。共通校への出願のしかた等については、「全日制課程における共通校への出願と志願変更についてのQ&A」を参照してください。
  専門学科及び総合学科は群を設けずA・B二つの学校グループに分けます。
ウ 入学検査受検希望者は、A・Bグループのいずれか一方、又は双方の学校(普通科については、同一群内)へ出願することができます。
エ 志願変更は、第1志望又は第2志望のいずれか1校に限り認められています。
  志望変更を行う場合は、志望順位の変更もできます。
オ 合格者の発表は、A・Bグループ同一期日に行います。合格者が募集人員に満たない学校については、第2次選抜を行います。
カ 音楽科・美術科・スポーツ科学科・英語科・国際英語科及び国際教養科においては、傾斜配点を行います。
キ 第2次選抜に出願できる者は、本県の国公私立いずれかの高等学校を志願・受検し、いずれの高等学校にも合格しなかった者とします。

全日制課程の入試(学力検査)

ア A・Bグループ別に、期日をずらして実施します。
イ 実施する教科は、国語・社会・数学・理科・外国語(英語)の5教科で、外国語(英語)は、聞き取り検査を含みます。検査時間は国語、社会、数学、理科についてはそれぞれ40分、外国語(英語)の聞き取り検査は10分程度、筆記検査は35分です。
  なお、デザイン科・クリエイティブデザイン科・音楽科・美術科及びスポーツ科学科については、学力検査の他に、それぞれ特別検査を実施します。

全日制課程の入試(推薦入学)

ア この制度は、学力に偏らず、運動、文化、芸術、奉仕活動等の分野での優れた能力・適性及び実績等を評価したり、恵まれない環境を克服し、向学心に富み、生活態度が他の模範となる者を入学させようとするものです。
  また、農業、水産業の後継者や介護福祉士や看護師等の資格を取得する意志を有する者も対象とします。
イ 一般入試に先立って実施します。学力検査は行わず、提出された書類の内容と面接、さらにデザイン科・クリエイティブデザイン科・音楽科・美術科・スポーツ科学科・英語科・国際英語科及び国際教養科にあっては、特別検査の結果も資料として、合格者を決定します。

全日制課程の入試(特別検査)

1 一般入学における特別検査
(1) 特別検査
デザイン科、クリエイティブデザイン科、音楽科、美術科及びスポーツ科学科への入学を志願する者に対しては、学力検査のほかに特別検査を行う。
(2) 特別検査の内容
ア デザイン科、クリエイティブデザイン科
表現活動(描写・構成)
・鉛筆による正確な描写
・紙を使った立体の構成
イ 美術科
・表現活動(鉛筆デッサン)
ウ 音楽科
ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の各専攻志望者にそれぞれ次の実技を行う。
聴音については、次の3種類による。
1 平易な和声聴音(四声体による。)
2 二声による平易な旋律聴音
3 旋律聴音
エ スポーツ科学科
・共通種目
 上体起こし、反復横とびの2種目を行う。
・選択種目
 10種目の中から入学志願者に希望する1種目を選択させ、それぞれの実技を行う。選択を希望する種目がない場合には、50メートル走、ハンドボール投げを行う。
2 推薦入学における特別検査
(1) 特別検査
デザイン科、クリエイティブデザイン科、音楽科、美術科、スポーツ科学科、英語科、国際英語科及び国際教養科への推薦入学を志願する者に対しては、特別検査を実施する。
(2) 特別検査の内容
ア デザイン科、クリエイティブデザイン科
表現活動(鉛筆による正確な描写)
イ 英語科、国際英語科及び国際教養科
英語の聞き取り検査
ウ 美術科
表現活動(鉛筆デッサン)
エ 音楽科
・ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の各専攻志望者にそれぞれ次の実技を行う。
聴音については、次の3種類による。
1 和声聴音(四声体による。)
2 二声による旋律聴音
3 旋律聴音
オ スポーツ科学科
10種目の中から入学志願者に希望する1種目を選択させ、それぞれの実技を行う。選択を希望する種目がない場合には、運動能力テスト(50メートル走、立ち幅とび、ハンドボール投げ)を行う。

定時制課程・通信制課程の入試

★定時制課程の入試
定時制課程の入学検査は、作文及び面接を実施します。なお、学校・学科ごとに「基礎学力検査」を実施する場合があります。
 ※平成19年度入学者選抜より、すべての定時制課程における募集定員を前期選抜分と後期選抜分に分け、それぞれ別日程で入学者選抜を行って合格者を決定し、発表しています。なお、定時制課程前期選抜は全日制課程一般入学及び通信制課程前期選抜と併願することはできません。
★通信制課程の入試
通信制課程の入学検査は、平成17年度より前期選抜、後期選抜の2回に分けて実施しています。入学者の選抜は書類審査によって行われますが、作文及び面接又はそのいずれかを実施する場合があります。
調査書の評定
一般入学受検者のうち、調査書の評定合計と学力検査の結果が一般入学募集人員内にある者をAとし、これに属さないものをBとする。
 校内順位の決定はA、Bの順序で行い、Aについては従前どおりの調査書の評定合計と学力検査の結果を同等とみて順位付けを行う。
 Bについては次のT、U、Vのいずれかの方式を選択したうえで、面接の結果等とあわせて総合的な判定により順位付けを行うこととする。
T(評定平均)+(学力検査合計得点)
U{(評定平均)×1.5}+(学力検査合計得点)
V(評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5}
※評定得点は調査書の9教科の評定合計を2倍にした数値(最高90点)とする。
※学力検査は国語、数学、社会、理科、外国語(英語)の5教科で実施し、各教科20点の配点(合計100点)とする。