家庭教師を京都全域に派遣。成績中以下の方歓迎

私達は、成績『中』以下の生徒指導にこだわっています。その理由は・・・
教材販売・解約金・年会費は一切ございませんので、ご安心下さい。

例えば、勉強に無関心だった生徒さんが、努力すれば「出来るんだ」と自信を持ってくれること、勉強のやり方がわからずに悩んでいた生徒さんがコツをつかんで「勉強が楽しい」と言ってくれること・・・。

このような生徒さんや保護者の方にとっての大きな喜びこそが、私たちにとっても最高のやりがいだと感じるからです。これからも家庭教師のチューターズは成績「中」以下のお子様を応援し続けます。

派遣地域

京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市中京区、京都市東山区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市伏見区、京都市山科区、京都市西京区、宇治市、城陽市、向日市、 長岡京市、八幡市、木津川市、亀岡市、京田辺市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、相楽郡精華町

お電話でのお問い合わせは0120-77-5276(受付時間 午前9:30〜午後10:00)

受験情報

京都府公立高等学校入学選抜の要点京都府教育委員会HPより抜粋

推薦入学

  • 推薦書、報告書と面接・作文等により総合的に合否判定
  • 志願先高等学校に出願(1学科、類・類型、系統等に限る)
  • 各実施高校が定めるところにより面接・作文等を実施
実施学科等
<全日制>学年制:普通科第II類英語系、普通科第III類、 普通科総合選択制、専門学科(家政科を除く)
<定時制>農業科、システム工学科キャリア実践コース

特色選抜

  • 受験機会を複数化し、多元的な評価尺度による選抜を行う
  • 各実施高校が定めるところにより面接・作文等を実施
実施学科等
京都市地区各通学圏の普通科第I類
山城通学圏(東宇治高校普通科第II類英語系を除く)、口丹通学圏、中丹通学圏及び丹後通学圏の普通科第I類及び第II類(南陽高校を除く山城通学圏では第I類・第II類を一括して募集)

一般選抜

単独選抜と総合選抜(京都市地区各通学圏の普通科第I類で実施)

  • 第2志望を記入することができる。(第2志望が生かされるのは、原則第1志望優先で合格者を決めた後、なおその学科に欠員がある場合)
  • 普通科第II類、第III類及び単位制による普通科が不合格で、第I類を第2志望とする人は、第I類を第1志望とする人と合わせて選抜される。(山城通学圏の志願者を除く)
  • 学科、類・類型、系統等の組み合わせによっては、第2志望が認められない場合もある。
選抜方法
報告書の評定
9教科 全学年の評定
※報告書の評定は「目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)」によるものとする
  1. 5教科(国語、数学、理科、社会、英語)
    (各教科5点)×(5教科)×(3学年) → 75点・・・A
  2. 4教科(音楽、美術、保健体育、技術・家庭)
    (各教科5点)×(評定を2倍)×(4教科)×(3学年分) → 120点・・・B
全教科の評定
(A. 75点)+(B. 120点) → 195点
学力検査
実施5教科(国語、数学、理科、社会、英語)
(各教科40点)×(5教科) → 200点

公立高校入試問題の傾向

数学
正の数・負の数の四則計算、方程式、因数分解などはよく出題されている。
関数も毎年出題されている。
図形に関しては幅広く出題されているが、面積・体積に関する問題や円の性質、合同・相似などの基本的な事項は必ず抑えておきたい。
尚、確率に関しては図形を利用した問題なども出題されている。
英語
リスニングに加え、長文読解問題が多く出されている。
英作文は出されず、適語補充問題、選択問題として出題されている。
国語
過去3年間、古文と論説文という大問2問の構成になっており、解答形式はほとんどが選択式となっている。漢字も出題される。
理科
物理、化学、生物、地学の各分野からほぼ均等に出題されている。
解答形式はほとんどが選択式となっているが、記述形式や作図のところもある。
社会
地理、歴史、公民の3分野から出題されており、各分野を取り入れた問題が出ることもある。
資料を分析、判断する問題も出ており、解答は選択形式が多い。